SNS

Facebookの「いいね!」ボタンを「ええやん!」と表示させない方法

Facebookの言語設定が関西弁にも対応し、言語設定を関西弁に変更しているユーザーには、「いいね!」ボタンが「ええやん!」と表示されるようになりました。
文字数が4文字→5文字になったことにより、ボタンの横幅が変わり、
「いいね!」ボタンの表示が途中で途切れてしまっていることを見かけるようになりました。
本来であれば、iframeの横幅をFacebookの言語設定によって変更するしくみがあれば良いのですが、
現状では簡単にはできないようです。
「ええやん!」と表示される場合を考慮し、ボタンの横幅を広げてしまった場合、
「いいね!」と表示されるユーザーに対しては、ボタン右横の余白が空きすぎてしまいます。
そこで、レイアウト崩れを防ぐ為には、どちらかの表示に固定してしまえば良いという結論に至りました。
locale=ja_JPというパラメーターを追加することによって、
Facebookの言語設定が関西弁に設定されているユーザーにも、
「いいね!」という表示になります。
このブログでは、『Stinger5』というテンプレートを使っていますが、
sns-top.php、sns.phpのソースコードを以下のように修正します。
【修正前】


これで、Facebookの言語設定が関西弁に設定されている場合でも、
以下のように、「いいね!」という表示になります。
ええやんを言いねに戻す
 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。