学習方法

理解すれば怖くない!キーワードを使う回数と検索エンジンのペナルティ。

皆さんこんばんわ。
今日ももちろんライティングの学習をしましたよ!
本日まず学習したことは、こわ〜いキーワードのペナルティ。
現在は特定のキーワードが多すぎると、
検索エンジンを騙す行為と判断され、ペナルティを受け、
表示順位が下がります。
つまり、対策キーワードは入れすぎても入れなすぎてもダメなのです。
これはよく聞くけど本当に難しい‥。
本質から考えると、SEO対策を意識せず、テーマに沿って
自然に書いた文章の語句の出現率こそ、ペナルティを受けずに高い効果が発揮される出現率になるのです。
なるほど、確かに今まで読んできた記事でキーワードが出現しすぎて不自然だなあと思ったことは一度もありません。
きっとキーワードをうまく組み合わせながら自然に書くことこそを意識したのでしょう。
ここで適正出現率というものについて学びましょう!
独自の調査では、出現率が3%をきるとSEOの効果は弱くなり、
8%を超え、9%に近づくと、ペナルティを受ける可能性が高くなります。
そうなんですね、、なんだかここだけ聞くとキーワードを入れすぎてしまいそうで恐ろしい。
あとすごく便利な項目だ!と思ったのは『ファンキーレイティング』
キーワードとして考えたサイトが 何回出てくるか、確認できるのです。
目標出現率を設定をそれぞれ5%、4%、3%に設定します。
チェック結果から不足数を確認したら置き換え可能な箇所をチェックします。
(不足している数が表紙される。)
7%を超えないように注意しながら作業すれば安心ですね。
ユーザーに伝えたいこと、書き込まなきゃいけないことは最初に一気に書き込んで、
あとから必要なことを盛り込み、削って行く、なんとなくライティングの進め方がわかったような気がしました。
次回もライティングの基本勉強、頑張ります。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。